【高還元率】VISA LINE Pay クレジットカードは期間限定で3%還元!

VISA LINE Pay クレジットカードというカードがあります。初年度3%還元(LINEポイント)で還元上限率もありません。期間は2021年4月30日までです。

ポイントの還元にはLINE Payアカウントへのクレジットカード登録が必要となりますが、非常に魅力的です。

私も4月中旬に申し込みをし、この状況下ですので少し時間はかかりましたが予定通り発行され、使っています。単体で使ってもいいのですが、各種支払い方法と組み合わせることで更なるメリットが出ないか試行錯誤しています。

デザインは非常にシンプルで東京オリンピックをイメージした2色とその他4色が用意されているようです。私はレッドにしました。券面は今はやりのクレジットカード番号を記載していないものになり、非接触対応マークがついていますので、タッチ決済にも対応しています。

年会費は初年度無料で、2年目以降は1,375円(税込)となりますが、年間1回以上の利用で無料になります。ということは、実質無料と考えてOKかと思います。家族カードも発行可能で、初年度年会費不要、次年度以降は一人目は無料、二人目以降は440円(税込)が必要になります。

ポイントサービスについては、LINEポイントでの還元となり、VISA加盟店でのご利用分で3%還元。ポイントの還元には、事前にLINE Payアカウントへの登録が必須となります。(2021年4月30日(金)利用分まで)
また、チャージ&ペイでの利用分については、1.0~3%還元となります。この還元率については、LINE Pay会員ランクに応じて変動となります。簡単にいうと、LINEポイントクラブのステータスがレギュラー(1%)、シルバー(1.5%)、ゴールド(2%)、プラチナ(3%)の還元になります。ゴールドまでは比較的なりやすいのですが、プラチナランクにはなかなか届かないため、3%の還元についてはLINE Payのチャージ&ペイを利用するのではなく、通常のクレジットカード払いで決済するようにしましょう。

また、各種コード払いとの組み合わせですが、Pay Pay、d払い、楽天ペイでクレジットカード紐づけが可能で、3%の還元が受けられます。PayPayでは独自の還元率(0.5%)は付きませんが、VISA LINE Payカードの特典3%の方がお得です。

残念ながら、au Pay には登録ができませんでした。また、お得なカードのKyash、交通系ICカード、電子マネーへのチャージではポイント付与の対象外になりますのでご注意ください。

なお、suicaだけは、『6gram』というウォレットサービスを経由してチャージすることで還元対象になります。(現時点では)

政府主導で行ってきた、キャッシュレス・ポイント還元事業も間もなく2020年6月30日(火)で終了になります。

しかし、今度は各クレジットカード会社が独自のサービスを打ち出して、キャッシュレス化の推進に取り組んでいます。

折角同じお金を使うならこのような情報を漏らさず、活用して、少しでもお得に生活していきましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)